登山

山登りが趣味になりました。富士山登山 登頂編です。

スポンサードリンク

富士登山に挑戦する日がやってきました。

富士登山に挑戦にするに当たり、色々と調べていると単に登るだけでなく

富士山に行って5合目ののスタート地点に立つことから、考えないといけないことがわかりました。

富士スバルラインは下記乗り入れ禁止で、シャトルバスで吉田口の5合目まで行くことになります。

しかし当時バスの始発は5時発で、富士吉田5合目から登り始めるのは6時位になる計算でした。

当時の自分のレベルではとても日帰りで帰ってくることはできません。

調べていると9月にスバルラインが解禁となり、富士登山がまだできる日がありました。

スバルライン解禁日で富士山の夏山登山の最終となる9月の週末だったように思います。

会社の仲間と3人で金曜日の夜、仕事が終わってから出発しました。

23時位に富士吉田口駐車場に到着しました。すでに車はたくさん停まっていて

登山口から離れたところに停めることができました。

その日は車の中で仮眠をとって翌日の登山に備えました。

Aさんの持ってきてくれた、自家農園で採れた、巨峰(種あり)が美味しかったです。

富士登山 その日はとても天気がよく最高の一日になりました。

朝4時位に起床すると、周りの人は出発する人などでにぎやかになっていました。

準備をして登山口まで歩きます。

登山口に到着して、朝食を食べていざ出発です。

富士山は遠くから見るととてもきれいでしたが、歩きながら頂上を見上げると

全然違う印象でした。

戸に買う前と進もうと歩きましたが、本当に登れるのだろうかと心配になりました。

同行の一人は10分も歩くともうだめだと言い始めましたが、ストックを手渡して

使い始めるとなんとかついて来れるようになりました。

素人装備だった富士登山

今回3人のうち二人が登山初めてという組み合わせで、靴だけはちゃんとしたものを買おうと

示し合わせて登山しましたが、ザックは普通のもので素人の習性で

食べ物や、着替え等不要なものまでもしかしたら必要かもと

ザックに入れすぎて、かえって重荷を背負うことになり

苦労しました。当日の朝天候を見て不要なものは車においてくる等の

事が必要でした。

お昼に見事登頂を果たしました。

12時半ころにやっと登頂を果たしました。

富士山の頂上から見る景色は絶景で雲海の向こう側にいくつかの山が見えましたが

どこの山かまではわかりませんでした。

頂上で食べたカレーは1000円でとても美味しかったです。

富士登山を果たした満足感が十分にありました。

本当にたくさんの人が登山に来ていて服装もまちまちです。富士登山は観光だという人がいましたが

そうかも知れないと思いました。たしかにほとんどの人が、登山らしいカッコですが

中にはジャージに運動靴というかたや、ジーパンでという人もいました。

無事下山して帰路につきました。

帰りのコースタイムは3時間半くらいと聞いていましたが1時半ころに出発して

吉田口にたどり着いたのは5時半でした。そこから車までたどり着き出発したのは6時半ころでした。

帰り道中央道から見えた諏訪湖の花火がきれいでした。

富士登山で人生観は変わったか?

富士山の頂上に登ったら人生観が変わるで といわれた事がありました。

実際には変わったような気がする それもしばらくの間だけで富士登山が終わって

日常に戻ると数日で元通りになりました。

登ったときは達成感と、3700mの高いところから見る景色で日常のことなど

小さなことだと思えたのですがその小さなことの当事者になると

他人事のようには行きませんので結局日常に飲み込まれしまいました。

しかしふとした時に富士山に登ったときのことを思い出すとしわせな気分にさせてくれます。

富士登山が目標だったのでこれで終わりのはずでしたが、もっといろんな山に登ってみたいと

思うようになりました。

-登山