生活

ナンガの冬用サンダルはスキーに行くのに一番履いてる靴です。

スポンサードリンク

ナンガの冬用サンダルは予想に反して使い勝手が良かったです。

今年使ってみてよかったものの一番が今の所このナンガのウィンターサンダルです。

スノーリゾートでは、ソレルとかノースフェイスのスノーブーツを履いている方を多く見かけます。

自分もスノーブーツに、冬用の長靴などを使用していることが多いですが

履いていてよかったと思うことはあまり多くありません。

近年は、普段履いているウォーキングシューズでスキーに行き

雪が多いときのために、スノーブーツを車に積んでいくのですが、履いたことがありません。

スノーブーツはいざ雪が降ったときや、極端に冷え込んだときに外にいる時間が長いときなどには

最高ですが逆にそれ以外の時間だと、不便だったりします。

スノーブーツのメリット、デメリット

メリット

①温かい 氷点下の気温の中では足元が温かいことは非常に大事です。スノーブーツは水や雪も侵入しにくく

とてもあたたかいので、外では快適です。

デメリット

①運転がしにくい 車の運転がしにくいブーツ(長靴)もあります。スキーに行くのは、自分の家からなので

自分の家の周りはさほど雪がない場合が多いのではないでしょうか?スキー場につくまでの間は暖房の効いた

車内です。暖かすぎて脱ぎたくなることもあります。

②脱いだり履いたりが面倒 スノーブーツの脱いだり履いたりは普通の靴に比べて面倒な場合が多いと思います。

自分は1サイズもしくはそれ以上の大きめサイズを選んでいますが、それでもお風呂行くときなど

面倒に感じることが多いです。

 

スノーブーツはおしゃれで、実際大雪のときなどは履いていてよかったと思える便利な靴ですが

実査し履いていてよかったと思える場面に出会うことは殆どありません。豪雪地帯に住んでいれば別ですが

スキー場通いの人であれば、道路であれお店やホテルに入るときであれ、雪かきや除雪してあるところを

歩いたりする場合が殆どと思います。あとは店の中くらいです。

しかしそのちょっとの、車から店やホテルの入口までの徒歩のときに寒いと思う時があるのも

事実です。

普通の靴をはいて、スノーブーツをいざというときのために積んでいくというスタイルは変わりませんが

寒いそとで、かんたんに脱いだりはいたりでき、快適なのがこのナンガの冬用サンダルです。

昨年購入し今では白馬に行くときは毎回このサンダルを履いています。

スキー用の厚手の靴下を履いているのでかかと部分もさほど寒くありませんし、寒く感じるほど

長時間外にいることも殆どありません。

布団メーカーの温かいサンダル 今年の冬のメインシューズになりそうです。

 

-生活