雑記

こんにゃくパークと富岡製糸場に行ってきました。

スポンサードリンク

こんにゃくパークはこんにゃくのテーマパークでした。

群馬県、上信越道の富岡インターチェンジをおりてこんにゃくパークに行ってきました。

こんにゃくニャクバイキングが目当てです。

受付を済ますとバイキングの無料券がもらえます。日曜日お11時頃に行ったのですが

20分ど並んで受付し更にバイキングコーナーまで20分ほど並びました。

バイキングコーナー前の受付で、富岡製糸場の入場券を買うと、そこから先に並んでいるのを

パスできる「バイキングファストパス」がもらえます。

富岡製糸場の入場券は1000円です。

富岡製糸場も行く予定だったので早速購入しました。

両方行くなら、先にこんにゃくパークに行くのがおすすめです。

バイキングでは定番のこんにゃく料理にこんにゃくの冷麺、こんにゃくの焼きそば

こんにゃくの稲庭うどん、こんにゃくのゼリーなどがあります。

いくら食べてもカロリーゼロです。トレーに取りすぎたかなと思ったのですが

ぺろりと食べられました。なぜか食べる前よりお腹がすたように感じました。

観覧車や出店 スイーツ店、売店などがありすごい賑わいで楽しめました。

こんにゃくゼリーです。大きめのサイズで安く買えました。

富岡製糸場に行ってきました。

富岡製糸場に行ってきました。こんにゃくパークから来るまで10分ほどです。

コインパーキングから富岡製糸場まで200メートルほど歩きました。

道の両端に、いろんな店が並んでいます。蚕のチョコレートなんかはお土産にもいいのでは?

こんにゃくを食べてお腹が空いて?いるので買い食いの誘惑に誘われます。

製糸場の入り口では、券の購入済の人は検温して券を切ってもらい入場できます。

世界遺産にも登録されている施設です。沢山の人が訪れていました。

富岡製糸場は歴史的な建物です。当時の様子が丁寧に解説されており、施設も保管され説明もされています。

時間に余裕を持って、ゆっくり回れれば当時の様子など歴史の勉強になると思います。

なかも結構広いです。工場後やシルクの保管倉庫、社員寮などもあります。

シルク製品の売店もあります。シルクのマスクなどはお土産にいいのではと思います。

北関東群馬県は楽しいドライブでした。

こんにゃくパークと富岡製糸場をまわるドライブは、栃木埼玉や長野に住む人なら日帰りで楽しめると思います。

1泊2日で行くなら伊香保温泉や軽井沢にとまってこんにゃくパークや富岡製糸場を回るのもいいと思います。

軽井沢も伊香保温泉も富岡インターから1時間ほどです。

ぜひコロナ明けのドライブのコースに検討してみてください。

 

-雑記