ジムニー

ジムニーのタイヤ、ホイールを交換する際に気をつけること。

スポンサードリンク

ちょっとまって❗そのタイヤとホイルで大丈夫?

みなさんも車を買って最初にするカスタムはホイルの交換という方も多いのではないでしょうか。

普通ホイルを交換する際は履けるタイヤサイズとホイルサイズを考えて購入することになります。

 

自分もノーマル状態のジムニーをベースに考えてタイヤとホイルを交換しました。

しかしカスタムを進めるうちに別の選択肢があったということに気が付きました。現状でも満足はしていますが、そのことを知っていれば別の形になっていたのではと思いました。

リフトアップすることを想定していますか?

ノーマル車高で交換するタイヤサイズで多いのは、185 85 16だと思います。

自分も最初にこのサイズを、勧められ購入しました。

ノーマル車高で乗るならこのサイズがいいと自分でも思います。

 

しかし自分は1.5インチのリフトアップをしました。

こうなるとタイヤの選択肢は広がります。

幅の広いタイヤが履けるのです。

2インチアップで215か225くらいのタイヤが選択肢に入ってきます。

もちろん185のままでもいいのですが、せっかくリフトアップしたらリフトアップしないと履けないタイヤが気になってしまいます。

タイヤサイズを選択する際は、ルフトアップするかしないかを想定して選ぶと後悔が少なくなります。

タイヤは4本それとも5本交換しますか?

次に考えないといけないのがリアのスペアタイヤをどうするかです。このことはリアのバンパー交換する際にも発生します。

ノーマルのスペアタイヤも外して乗るという方は4本交換でOKです。

ノーマルのスペアタイヤにタイヤだけ交換するという方はタイヤが5本、ホイルが4本になります。ノーマルのスペアタイヤのスチールホイルにマッドテレン等のタイヤを装着してのれば、もしもパンクしたときも、装着しているタイヤと同じタイヤに交換されます。

リアのスペアタイヤもホイルごと替えたい方は、タイヤ5本ホイル5本です。

アルミホイルをリアに装着する場合はスペアタイヤブラケットが必要になる場合があります。

まとめ

タイヤとホイルは、自分好みのものを取り付ければいいと思いますが、リフトアップするを今後するのかしないのか?

スペアタイヤはどうするのか?

あとリアバンパーの交換も検討されているのであれば、スペアタイヤブラケットもノーマル位置に装着タイプと後ろから見て少し右に移動すタイプのものもあります。

ナンバープレートをリアバンパーにつけるタイプのものか、リアゲートに移植するタイプのものかでスペアタイヤブラケットも変わってきます。

そういう事も考えた上で選択すれば、無駄な出費もなくなります。

是非参考にしてください。

-ジムニー