ジムニー

ジムニーに2年乗ってカスタムして思ったこと

スポンサードリンク

ジムニーに2年乗ってカスタムしましたが、買わなければ良かったパーツもあります。

ジムニーカスタムをやってきましたが2年乗って自分なりに検証しました。買ってつけなかったパーツ。つけたけど他のカスタムパーツをつけたせいで取り外す羽目になったパーツ。他にもっと良いのがあったと思うパーツ等、ノセタローの独断と偏見で紹介していきます。

マッドフラップセットをアクセサリーパーツから購入して失敗しました。

ジムニーを購入の際、マッドフラップセットを注文しました。ジャングルグリーンの車体に黒色のマッドフラップ(泥除け)です。ジムニーを買うときには一番にこれをつけようと思っていました。4枚セットで消費税・工賃込みで14,575です。黒にしたのですが赤色をつけているジムニーを見て後悔したこともありました。しかし黒色にしたことが不幸中の幸いになりました。

1年後にジャオスのフロントバンパー・リアバンパーと交換したのですが、フロントのマッドフラップは前輪の後ろの車体に取り付けますが、リアはリアタイヤの後ろ、つまりリアバンパーへ取り付けします。ノーマルバンパーにつける用なので、当然ジャオスのバンパーには付きません。同時にリフトアップしたのですがリフトアップした車体の多くはマッドフラップをつけずにいる人が多いようにも思いました。マッドフラップを付ける場合はジャオスから専用のマッドフラップが出ています。新車購入時にオプションで付けたマッドフラップが無駄になってしまいました。

でも黒色だったのでフロントのみ残すことにしました。前後のバンパーをジャオスに変更することを最初から決めていれば、14,575円のマッドフラップは購入していませんでした。

スペアタイヤのブラケットも失敗したような感じになりました。

ジムニーを買ってどうしてもしたかったのがアルミホイルを交換する際にスペアタイヤもアルミホイルにしてリアに装着することでした。

何もわからなかった ノセタローはバンパーを変えたときにナンバーはリアゲートの助手席側に移設するするものと勝手に思い込んで、運転席側に少し寄った形で装着する背面ブラケットを購入しました。その後ジャオスのリアバンパーを取り付けたのですが、ナンバープレートはリアバンパーの正面の位置。つまりリアゲートに移設する必要はなかったのです。ですのでリアスペアタイヤブラケットを購入する際は、バンパーは交換するのか?交換するのならどのメーカーのバンパーにするのか決まってから購入すべきです。

不幸中の幸いと言うか、このジムニーにはリアカメラを取り付けています。そしてノセタローはロード自転車も乗っていてヤキマの自転車用キャリアをリアタイヤに装着し、ロードバイクをキャリアに積んで出かけることもあります。そのときにスペアタイヤが中心にあるとキャリアがリアカメラに写って後ろが何も見えません。ブラケットでスペアタイヤが右に少しずれることでバックする際リアカメラが使えるようになります。これはあくまで結果論なので、購入される際は他のパーツを交換したときにどうなるかもよく考えて購入してください。

-ジムニー

© 2021 ノセタローのアウトドアブログ