登山

夏山シーズン到来 足慣らしも兼ねて信州の里山 霧訪山に登ってきました。

スポンサードリンク

かつとり登山口から霧訪山の山頂を目指しました。

霧訪山の登山口は分水嶺の近くにある登山口と、かつとり登山道の2つがあります。

分水嶺近くの登山道は頂上まで2時間半かかるのに対し、かつとり登山道は1時間半ほどと表示されていたので

今日はかつとり登山道から登ることにしました。

国道沿いにある弥彦神社の横の道を入っていくと、霧訪山登山道の標識があり登山口まで導いてくれます。

登山口には車が20台ほど停められる駐車場があります。

駐車場から登山道は地元の方の努力によりきれいに整備されてて迷うこともなく登山できました。

登山道の入口では、登山計画書の提出は不要ですがノートに

住所氏名を書くようになっています。

また木で作った登山用の杖がおいてあります。借りたら帰りには返しておきましょう

ほぼ100mごとに頂上までの距離が表示されています。

登山道は整備されており、ほとんどのところでロープが張ってあり

道に迷うようなことはありませんでした。

地元の山友会、両小野中学校の方が登山道を守ってくださっています。

途中まで登ると辰野の街が一望できます。

低山ですが景色はいいようです。

分水嶺からの登山コースタイムは平均2時間半なのに対しかつとり登山道は1時間10分です。

時間が短い分距離が短いだけでなく、のぼり勾配もきついところが多かったです。

勾配のきついところはのぼりよりも、帰りの下りでコケたりしないように気をつけました。

頂上からの景色は、360度のパノラマでした。

頂上に到着です。6時10分に出発して7時半ころに到着しました。

頂上には願いの叶う鐘があります。

カーンと叩いて願い事をしました。

北小野神社です。

頂上で休んでいると数人の人が登ってきました。

北は白馬から常念岳、燕岳そして槍ヶ岳もはっきりと見えました。

また山梨の方を見れば八ヶ岳が見え、今日は見えませんでしたが御嶽山まで見る事のできる

360度のパノラマが待っていました。

低山ではあるのですが、人気がある理由が少しわかったような気がしました。

帰りはゆっくり気をつけながら下っていきます。

何組もの人が登っていきすれ違いました。

のぼり始めてから、降りてくるまで約3時間半でした。

ぜひ登ってみてください。

-登山