ジムニー

ジムニーに4年間乗って感じたこと タイヤ、ホイール編

スポンサードリンク

一番最初に交換したのはタイヤとホイールでした。

3月に納車され一番最初に交換したのは、タイヤとホイールでした。

その時はタイヤサイズとリフトアップとの関係 何インチ上げたらどのサイズのタイヤが履けるということも

無知でした。

そこでタイヤのショップの担当者の意見をきくというか

アドバイスされるままに購入することになりました。

ホイールはレイズのグラムライツです。赤いラインがかっこいいです。

タイヤは、YOKOHAMAジオランダー  185 85 16です。

ジムニーを買ったらぜひやってみたいと思っていた、リアのスペアタイヤもアルミホイールにするために

5本セットで購入しました。

タイヤサイズについて

タイヤサイズについては、ノーマル車高でも履ける185 85 16インチのYOKOHAMA

ジオランダーを装着しています。

このときはリフトアップする前だったので、これがいいですよとノーマル車高で乗ることを前提に

勧められるまま、このタイヤを装着しました。

リフトアップしてから215 70 16までは履けることを知り、もっとよく調べれべよかったと思いました。

とういうものの今のタイヤが気に入らないというわけではなく、これはこれで乗りやすく気に入っています。

ただもっとよく調べて自分で納得して決めればよかったと思っています。

今のタイヤは、まだもう少し履いていられそうですが、つぎに交換する際はよく考えて

納得した上でタイヤサイズを決めたいと思います。

スペアタイヤについて

スペアタイヤについて、ノーマルのスペアタイヤはスチールホイールがついています。

ホイルの表がジムニーのリアのドアにつくような形で取り付けられています。

アルミホイールを写真のように、ホイルの表を見せて装着しようとすると

専用の背面タイヤブラケットが必要になります。そんな事も知らずにタイヤを購入していました。

しかもブラケットはリアの中央に来るタイプと、ナンバーを移設した際にナンバーがスペアタイヤで

隠れないように右に少し移設するタイプのものがありました。

このときはまだJAOSのキットは取り付けておらず、どのメーカーのキットを組むかどころか

バンパーキットを組むかどうかも決められていませんでした。

そんな状態だったのですが、もし変えれば移設必要だろうと思い右に少し

移動するタイプのものを取り付けました。

しかし結局はJAOSのバンパーキットを組んでナンバーはバンパーにつくことになったので

スペアタイヤの移設は不要でした。

でもまあなんとかついているので、今はもう納得しています。

でもこれからカスタムする皆さんは、あとで買い換えるようなことのないよう、よく検討してください。

 

 

-ジムニー