オートバイ

稚内から利尻島・礼文島を一日で周遊してきました。

スポンサードリンク

稚内からレンタカーで利尻島・礼文島を一日で周遊してきました。

今回どうしても利尻礼文に行ってみたかったのでトヨタレンタカーを借りて行ってきました。離島の最北端スコトン岬を目指しました。

 

稚内を6時45分発のフェリーに乗り、2時間弱で利尻島の鴛泊港に到着です。港の前にはレンタバイクがありスクーターが借りれるようでした。

あいにく当日は天気が悪く利尻富士は姿を見せてくれませんでした。

利尻の郷土歴史資料館に行ってきました。

写真がこれしか撮ってませんでした。

 

一周約1時間ほどで回れます。利尻空港・利尻昆布の直売所・有名ラーメン店 味楽(見るだけで食べられませんでした。)地元のスーパーなどを回って利尻島を一周して鴛泊港に帰ってきたのは11時過ぎでした。

地元のスーパでは茨木産や佐賀産の野菜が売ってました。日本の物流の凄さを感じました。

鴛泊港の食堂で昆布ラーメンを頂きました。昆布だしが聞いてとても美味しかったです。

利尻島から礼文島に渡りました。

12時15分鴛泊発のフェリーで13時に礼文島は香深港に到着です。

礼文島では最北端 スコトン岬を目指します。その前にターミナル2回の武ちゃんでウニ丼をいただきました。

今の時期はムラサキウニが初物で出だした頃でムラサキウニのウニ丼でして。バフンウニは6月ころから穫れるそうです。バフンウニを食べるには6月から8月が良いそうです。

スコトン岬を目指します。港から30分ほどでした。

こんな離島の僻地にもショップと民宿がありました。

ショップではうにの予約販売がありました。うには冷凍しないで送るので採れてから着くまでに2日間、3日以内に食べてくださいとのことでした。賞味期限5日間です。

宗谷岬は最北端でしたが礼文島のスコトン岬は最北限です。漢字で書くと須古頓岬です。

次は澄海(スカイ)岬です。

礼文島は花の礼文島と言われています。

利尻島は利尻富士登山という感じですが、礼文はトレッキングと言うかハイキング的な感じです。夏に数日滞在して利尻富士登山と礼文島トレッキングをしてみるのもいいと思いました。

礼文空港は今は使われていないようです。

吉永小百合さんが主演した映画北のカナリアの撮影のあった地がここのようです。

こんな離島の僻地でも子どもたちの教育に一生懸命になった人たちがいたことに感動です。

17時5分発のフェリーに乗って稚内に帰ります。

稚内のレンタカーは18時か19時で閉店するところが多いようで、礼文からの最終フェリーだと19時稚内着になります。当日の辺着は無理と断られたところもあったのですがトヨタレンタリース旭川産は快く対応してくれました。

でも利尻にも礼文にもターミナルの前にレンタカーがありました。3時間で4,980円でした。レンタカーをフェリーに乗せていくくらいなら島でレンタカーを借りた方はお得でした。

北の最北限の離島はすごいところでした。こんなところでも人が生活していることに驚きです。

いつかまた行ってみたいです。

 

-オートバイ

© 2021 ノセタローのアウトドアブログ