一人で過ごす老後か家族や仲間に囲まれて過ごす老後か

一人で過ごす老後か家族や仲間に囲まれて過ごす老後か

理想の老後とは?裕福な老後がいいのか?一人で静かに過ごす老後がいいのか?家族に囲まれて過ごす老後がいいのか?

50を過ぎて定年してからのことを考えることが多くなってきました。

お金のことについては、退職金も60歳まで勤めても1,000万円くらい。貯金もおそらく60歳で3000万円くらいにはなると思う。年金はこないだ葉書が来たが65歳で月に10万円くらいにしかならないとのことだ。家は実家に帰れば、実家に住むことはできる。

麻生さんが老後資金2000万円と言っていたが、お金のことについては65歳まで今の収入で今の会社で働くことができれば、それ以上は貯金はできると思う。しかしお金はいくらあっても無駄使いをすればすぐになくなってしまう。3000万、4000万の貯金を持って月20万の生活をすること。自制心を持って質素な生活をすることは非常に難しいと思う。

仮に自制心を持って質素な生活ができたとして、一人でいることが幸せなのか?家族に囲まれることが幸せなのか?

自分は独り者で自分で家族を作ったことはないが、やはり一人で孤独死を心配するような環境は決して幸せとは自分では感じられないと思う。家族がいて家族の成長を見守れるような状況が幸せだと思う。

老後にやりたいことはいっぱいある。

バイクや自転車で日本一周をしたい。20代の頃からの夢である。バイクで数回に分けてなら沖縄以外は全都道府県まわった。しかし一回の出発で全県まわってブログに投稿したい。自転車でも同じことをしたい。

山にも数日間山にこもらないといけない山に登ってみたい。山にこもってみたいと思う。

釣りも10kg以上のヒラマサやGT、マグロを釣りたい。

やりたいことは色々ある。ぜひやってみたいが、したからといってそれで何があるかといえば少しの自己満足だけである。

それを喜んでくれる家族がいるかどうか?

もっといえば老後になって仕事もせずに一人で生きて、それで世の中に貢献して生きていけるかどうかに考えは行き着いてしまう。たしかに今まで頑張ってきて世の中に役には立ってきたと思う。しかし仕事をしなくなくなったときに一人で世の中に必要な人間として生きていけるかどうか?そう感じられない状況が幸せかどうかに考えは行き着いてします。

自分の理想の老後とは、

家族がいて仲良く暮らし、少しでも仕事を通じて世の中に役に立ってるという部分があり、個人的にやりたいこと(旅行など)ができる時間とお金の余裕がある状態だと思うが、もしそういう状況になったときに幸せと感じることができるだろうか?

結局答えは常になってみないとわからいのである。