槍ヶ岳に行ってきました。 出会った皆様ありがとうございました。

槍ヶ岳に行ってきました。 出会った皆様ありがとうございました。

 槍ヶ岳に登ってきました。出会った皆様本当にありがとうございました。槍だけでなく出会った皆さんに元気をもらいました。

f:id:tatsurukun:20190815092548j:plain

8月の11日12日に槍ヶ岳に登ってきました。

ここでは登山中に出会った人の中から、

印象に残るひととのことを書きたいと思います。

8月11日  ハナさん(仮名)推定年齢 68歳

ハナさんとは11日登っているときに、

ハナさんは降りてくるときですれ違い時に言葉をかわしました。

自分がしんどくて多分苦しい顔をして歩いていたんだと思います。

そんなときに

「上の方はとってもきれいにお花が咲いているわよ」

と声をかけてくれました。

返事をするもの鬱陶しいと思い顔を上げたときに、

ハナさんの笑顔が見えました。

推定年齢68歳

こんな素敵な笑顔に出会ったことがないというくらい素敵な笑顔でした。

どんな言葉より頂上目指して頑張ろうと思いました。ありがとうございます。

8月12日  宮木くん(仮名)高校2年生

穂先に登ったあと殺生ヒュッテをでてすぐに会いました。

ペースが近いのか何度か追いついたり離れたりしました。

若い男の子で一人で下山しており

「こんな若い子でも一人で槍ヶ岳に登るんや」

思いながら

道を譲ろうとする宮木くんに

「おっさんより君のほうが早いから先に行き」といいましたが、

道を譲ってくれ自分の後ろをついてきました。

一人で歩くとすぐに止まってしまうのが、

後ろに若い子がついているとまだまだ負けられないと思い歩けました。

後ろにピッタとついてくるのでペースが落ちません。

まるでアオリ歩きをされているようでした。(笑)

槍沢ロッジまで歩いて休憩です。

その時横に来て横尾で友達と待ち合わせしてるとのことでした。

一緒に歩いていいですかというので、

かまへんけどおっさん遅いでと返事して一緒に下山しました。

途中色々となはしをしました。

彼は北海道は帯広から

夏休みを利用して殺生ヒュッテにアルバイトに来ていたこと。

これから中房温泉でバイトをして飛行機で変えること。

森林の測量の勉強していて将来について考えていること。

色々話をし若いこと話をすることで、元気をもらいました。

無事横尾で友達と出会い、お別れをしました。

楽しい山歩きの時間を過ごせました。ありがとう

8月12日

昨夜殺生ヒュッテで、夕食後お話をした片腕の年配の方に追いつき

しばらく並んで歩きました。

昨夜夕食後、食堂で加藤丈太郎の本を読んでいると、

ビールを片手に前に座り少しお話をしました。

名古屋からバスで来て、すでに槍の穂先には上り明日は変えるだけとのことです。

右腕はないのか、よく片腕の海賊が映画でしてるような鍵をつけていました。

左手で器用に食事をしていたことが印象的でこのときも、

器用に左手だけで写真集を開き缶ビールを開け飲んでいました。

そんなおじさんに横尾をこえたところで追いつき

しばらく横に並んで歩きます。

そして昨日今日と色々ほなしさせてもらい

ありがとうございましたとお礼を言って先に歩きます。

ハンデがあっても全然それを感じさせずやりに登る。

自分もそう有りたいと思いました。ありがとうございました。

そして最後に、とても可愛い女の子と出会いました。

暑い中歩いてきたの明神池について頃にはヘロヘロでした。

自動販売機で200円のポカリを買おうとしたとき50円玉を、

落としてしまいました。

財布の中には1万円札しかなく見つけないとポカリが買えません。

しかし地面は白っぽい石で50円玉が見つけられません。

その時小学生の女の子が50円を拾ってくれました。

天使に見えました。

女の子にお礼を言って顔を上げると

お父さんが嬉しそうに笑っていました。

お父さんにもお礼を言って帰り道を急ぎました。

他にも色んな人のおかげで登ることができました。

今まではほとんど一人で登ってあまり喋らず帰ってきました。

けど今回はこんなに人に感謝することができました。

またやりに登りたいと思います。ありがとうございました。