槍ヶ岳に行ってきました。 1日目の出来事

槍ヶ岳に行ってきました。 1日目の出来事

信州を楽しもう 第2弾 思いつきの槍ヶ岳に登ってきました。

槍ヶ岳はいままでいつかは昇りたいあこがれの山でした。今年の盆休み山小屋で知らないおっさんと至近距離で寝る覚悟を決めた今日 槍ヶ岳登山にいってきました。

8月12日朝3時に起床。板の間であぐらをかいてザックの準備をしていると、ケツに異変が?なんとおしりの座るところに何かがある?トイレに行って拭いたティッシュが捨てられずにそのままついいるのではと恐る恐る触ってみても何もなく、パンツを脱いでみてもなにもない そう昨日の150km自転車でケツが痛かったがそれで、サドルにあたっていたところが、腫れているようでした。しかし痛みはなくどうもなさそうだったので、予定通り出発することに。

車で40分沢渡の駐車場はすでにいっぱい。山に何泊もする人が停めていると思われ4時半ころで満車の看板が出ていました。結局さわんど岩見平の駐車場に止められ、きっぷを購入。始発のバスに乗ることができました。上高地のバスターミナルは朝の5時半にすでに大賑わいです。さあ出発です。バスターミナルからかっぱ橋、明神池、横尾までは上高地の観光エリアで、運動靴でも歩けるところです。ここからが登山道です。

横尾から槍ヶ岳までは、距離約11km梓川沿いを歩いていきます。9時過ぎだというのに暑いですなだらかな道が続きます。槍はまだまだ見えません。槍沢をすぎババ平をすぎあるいていきます。やっとやりが見えました。今日の目標は槍ヶ岳山荘でしたがもう無理です。殺生ヒュッテに目的地を変更して午後3時半ころに到着しました。なんと一人布団1枚があてがわれます。10人ほどのスペースに3人で寝るという本日最大の幸運に見舞われました。聞くと槍ヶ岳山荘では1枚の布団に2.5人で寝るような状態だそうです。

受付横の自炊スペースでは、3人組が食事をしています。その3人に若い男性が入って談笑していますが、この若いひとがもうすでに酔っていいるらしく、どう聞いても槍ヶ岳山荘のことを八ヶ岳八ヶ岳と言っています。外界だと嫌な気になるもんですがなぜか微笑ましく感じてしまいます。

5時から食事です。ご飯みそしるはおかわりOKです。ワンプレートにおかずの乗った食事ですが、町の食堂でこれだと不満に思うかもしれませんが、山をひいひい言いながら登ってきて、テントや食事まで担げないおっさんには、本当にありがたいおいしい食事です。山荘がなければこの槍ヶ岳も、登ることはできなかったと思います。

そしてきれいな星空と、その中にそびえる槍を拝んで、ビール飲みながら食堂で他の宿泊客と談笑です。そして8時消灯。明日は槍の穂先に立つことを夢見ながらお休みです。