お弁当 生活

株価は下がっているのに利益が出ている?投資素人の株投資

スポンサードリンク

素人投資家のノセタローの購入したS&P500が含み益が出ています。

素人投資家です。貯金は少しありますが、今の利率では預けているだけでは全然増えません。世間では投資だどうのこうのと言っています。

株で利益を出している人も結構いるようです。

株の知識のない自分は何を買っていいいか全然わかりません。当然デイトレードなんかできません。

下手に手を出して損をするのが目に見えています。

そんなときに投資の神様 ウォーレンバフェット氏が

奥さんに遺産を残すなら個別銘柄ではなくS&P500を残す。アメリカ経済は伸びる

というような記事を読んで「これで行こう」と買ったのが

バンガードS&P500でした。楽天証券で口座を開き数回に分けて

NISAも活用しながら購入しました。

一昨年の4月ころから買い出し、一株340ドルで一ドルあたり110円位からの

購入でした。その後株価は順調に伸びたのですが今年に入り急落し一時440ドルだったのが

330ドルまで下落しました。自分の購入株も400ドル以上の時も買い増ししたことから

平均で380ドルでの買いとなっていました。

11月26日現在369ドルなので本来なら11ドルのマイナスで11ドル×購入株数で

含み損が出ている状況なのですがなんと、¥568,000の含み益が出ています。

これは購入時の平均レートがおそらく110円台で現在のレートが139円になっています。

20円以上の円安になったおかげで、利益が出ているのです。

これがよくテレビで経済評論家が言っている円安によるメリットなのだと実感しています。

しかしアメリカ株も来年はリセッションだと言っていますし、円安も日米の利率の差だということですが

来年には利上げペースが落ちてきて日米の利率の差が縮まり、円安も終わりになるとの

記事をよく目にします。そのとおりだと来年は株価も下がり円安によるメリットもなくなるということで

含み益が無くなる可能性が高いということらしいです。

ですので、年内に株は全て売って来年円安がおさまり、米国株がリセッションで下がったところで

もう一度アメリカ株を購入しようという、素人戦略を立てているところです。

素人の浅はかな考えと自分でもわかっていながら、増やしたいという要望と

自分で負けても許容できる範囲で、投資することで勉強するしかないと

考えている今日このごろです。

もし利益が確定すれば、また報告しますので楽しみにしていてください。

-お弁当, 生活