お弁当 ジムニー

ジムニーカスタム バンパーをカスタムパーツに交換する際に考えること。

スポンサードリンク

ジムニーカスタム こっちを変えればあれがつかない。無駄使いを無くすために知っておきたいこと。

ジムニーをカスタムして3年半が過ぎました。大体は満足していますがここまでの過程で

カスタムパーツに交換したせいで、納車時につけていたオプションパーツがつかなくなったり

当初の良さが犠牲になったりして、結果無駄使いにつながったことがいくつかあります。

最初から、ここまでカスタムすると決めていればいいのですが思いつくことからやっていくと

次から次へとカスタムしたいことが増えてきてという経験は、カスタムしている人なら

あると思います。

しかし新しいカスタムを思いつくときに、今まで交換したパーツが無駄になることってありませんか?

そんな経験を紹介したいと思います。

前後のバンパーをJAOSのカスタムバンパーに交換

1.5インチリフトアップとマフラー交換 前後のバンパー交換を1式JAOSのキットで組みました。

購入時には交換したいと思ってはいましたが、具体的なイメージはありませんでした。

それに購入時はまだカスタムパーツもそれほど出ていませんでした。

新車購入時にあまりそこまで考えず、その場の思いつきでつけたオプションキットが無駄もしくは

相性が悪くなってしまいました。

リアカメラがいい位置に取り付けられなくなりました。

新車購入時にバックアイカメラをオプションで取り付けました。

ノーマル時はバンパーにバックカメラがついていたのですが。JAOSのリアバンパーには

うまく取り付けられる場所がありませんでした。結果バンパーの内部に取り付けたせいで

カメラからの視界が悪くなりました。

所詮軽自動車なので、カメラがなくても不自由はしません。カメラの取り付け位置が

悪くなってしまいました。予めわかっていればオプションパーツとして取り付けることは

なかった思います。バンパー交換による最初の反省点です。

マッドガードがつかなくなりました。

ディーラーで商談したときに、真っ先に注文したオプションパーツがマッドガードでした。

付けている人も多いですが絶対つけると決めていました。

ところが、リアバンパーを交換すると純正オプションのマッドガードが付きません。

JAOSのマッドガードがあるのですが、リフトアップしてバンパーを替えて

マッドガードを付けるより、無しにしてタイヤを見せてリフトアップしてることをアピールしたほうが

いいと思いました。

結果 最初につけていた純正のマッドガードは取り外すことになりました。幸い赤ではなく黒を付けていたので

前は目立たないので残しています。

リアのスペアタイヤとナンバー移設について無知だった結果

一番最初にカスタムするのはアルミホイールとタイヤという方は多いと思います。

自分も最初にタイヤとホイールを交換しました。(純正カスタムパーツ以外でです。)

その際にスペアタイヤもアルミホイールにすると最初から決めていました。

ところが、5本アルミを購入して取り付けようとすると専用のブラケットが必要で

リアハッチの中心に取る付けるタイプとナンバーをいせする際に場所を確保するために

向かって右側に移動するタイプとがあります。

このときに前期型のイメージが有り移動するタイプのブラケットを購入しました。

ところが交換したバンパーはJAOSでナンバーはバンパーに取り付けられるタイプです。

いままのままでも、問題はないのですが不要なことをしているかのようなずっと気になる

事になりました。

まとめ

ジムニーに限らずカスタムはここを変えればこっちがこうなるとか

そこだけでないところが出てきます。そのことを知らずにパーツを買っても

結局他とのバランスが悪くなる。前に変えたパーツがつかない。最悪他も替えなければ

買ったパーツもつかないことになってしまいます。

考え方によりますが、社外品でカスタムしていこうという方はディーラーで新車購入時には

あまりディーラーオプションパーツは付けないようにして少しづつ自分の気に入ったパーツを

検討しながら取り付けたほうが失敗はすくなるように思います。

 

 

 

-お弁当, ジムニー