ジムニー

ジムニーでロードバイクを積むヤキマのキャリアをつけました。

スポンサードリンク

ジムニーでロードバイクを積んでドライブし行き先でロードバイクツーリングをするためにヤキマのリアキャリアを取り付けしました。

ジムニーのリアにヤキマのサイクルキャリアを取り付けるためにはまずは、ノーマルの状態では取り付けできません。リアのスペアタイヤの向きを反対にする必要があります。ノーマルの状態ではスペアタイヤの向きがリアゲート向きになっておりその状態ではヤキマのリアキャリアを取り付けすることはできません。まずはスペアタイヤを取り外しました。

スペアタイヤを外した状態で乗っている方も見られます。実際にオフロードをはする場合は軽量化になって、オーナーのセンスですが、外した状態がカッコいいとも思いますがノセタローは、アルミホイルを取り付けてなおかつロードバイクも積載出るようにしたので、アルミホイルの取付ブラケットを取り付けます。

ハイブリッジファーストさんのブラケットです。ノーマルと同じ位置のリアの中心に装着するタイプではなく右上に少し移動した位置にくるタイプです。このブラケットにヤキマのサイクルキャリア装着用のブラケットを装着します。

写真は両方のブラケットを装着した状態です。これでアルミホイールを装着します。

タイヤが8のタイヤなので少し大きく見えますがレイズのホイルと合わせて装着です。

ヤキマのサイクルキャリアを装着しました。

キャリアも中心より少し右にずれています。これでドライブレコーダーやリアカメラへの干渉は最小限になります。両方のカメラともに後方は見えます。

ロードバイクを積んでみました。

こんな感じです。ゼンリンの固定はマジックテープでタイヤとフレームを固定して乗っています。2台装着で写真は後方にのせていますが、もう一台は写真と反対方向にノセられるようになっています。

車体からのはみ出しは少しありますが、ドアミラーの範囲でした。実際に走っても最初は気になりますが慣れると問題ありませんでした。ずれたり車体から走行に邪魔になるほどはみ出したりとかありませんでした。

はみ出しはこんな感じです。

これでジムニーでのドライブも楽しみながら、目的地でのロードバイクツーリングも楽しみたいと思います。

ジムニーで走ることも楽しみですが、ノセタローはジムニーでスキーに行く、登山に行く、キャンプやロードバイクツーリングに行くための車としても最高の車だと思います。

 

-ジムニー

© 2021 ノセタローのアウトドアブログ